ゆらり巡り

  • 獏の庭獏の庭
  • 本館玄関本館玄関
  • 版築土塀版築土塀

うるおいとくつろぎの場をめぐる

夕日に染まる英虞湾をのぞむ高台に立つ、
敷地面積4,000坪の大人のための隠れ家。
18の客室と貸切風呂や庭が点在する敷地を巡りながら、
あなただけの特別な時と場所を見つけてください。

案内図

マップ
【画面を拡大(ピンチアウト)してご覧いただけます】
漠の庭
1. 漠の庭
「海里のはなれ」へと続く小道の脇にある庭は、見るものを静かに幽玄の世界へといざなう漠の庭。時に応じて変化する庭の姿を、どのように捉えるかは人それぞれ。
時の家 aoi
2. 時の家 aoi
昼から夜、夜から朝へと、時の流れとともに趣を変える、和みのリラクゼーションスペース。庭を静かに眺める時間は、自分自身を見つめなおすひととき。
スパ「ARANYA」
3. スパ「ARANYA」
森の中に立つSPA棟で、自然を感じながら至高のトリートメントを。アメリカのスパブランド「SUNDÃRI(スンダリ)」のアーユルヴェーダに基づく施術で緊張をゆるめて。
貸切風呂「月の宮」
4. 貸切風呂「月の宮」
神話を伝える聖なる水、「天の岩戸」(恵利原の水穴)のように湧き出る湯。浴槽に浸かりながら視線を上へ挙げると、森と空が一体に。神秘的な湯浴みを体験。
ヒーリングストーンルーム
5. ヒーリングストーンルーム
服を着たまま、ほんわか温かいカウチに寝転んで。自然治癒力を高める鉱石を使用したカウチが4台並ぶ、岩盤浴スパ・ルーム。雲に抱かれるような心地よさを体験。
喫煙ラウンジ
6. 喫煙ラウンジ
館内での喫煙は、テラスかヒーリングストーンルーム横の喫煙ラウンジで。リニューアルしたばかりの特別室で紫煙をくゆらす。香り豊かなシガーも試してみたい。
貸切風呂「くゆりのびり」
7. 貸切風呂「くゆりのびり」
和の意匠、空気に包まれる貸切風呂で、庭園を眺めながらのんびりと。くゆり=薫りは、かぐわしい香りが立ち込めるさまをいう古語。艶やかな香気に酔いしれるもよし。
貸切風呂「天の鏡」
8. 貸切風呂「天の鏡」
貸切露天風呂「天の鏡」の湯船は、志摩の空を映す水鏡。100㎡の広さを存分に使って、空を眺め、海を嗅ぎ、風に触れる入浴。自然をまるごと五感で感じて。
ダイニング「さかなへん」
9. ダイニング「さかなへん」
ライトアップされた中庭を眺めながら、「ばさら創作膳」をいただく夕べ。清々しい光に輝く朝は、緑も鮮やかに。身体を気づかうヘルシー朝食で活力満ちる。
無名庭
10. 無名庭
ダイニングから眺める、無名庭(むみょうてい)は、敷地のほぼ真ん中にある。名前にしばられない、という思いが込められた中庭は散策の規則はもちろんない。
風の桟敷
11. 風の桟敷
夜はキャンドルのほの明かりでライトアップされるテラス。ソファーに身をあずけて、志摩の海と木々の香りを運ぶ風を感じながら、自然の鼓動に耳をすませる。
時の家 aoi
2. 時の家 aoi
昼から夜、夜から朝へと、時の流れとともに趣を変える、和みのリラクゼーションスペース。庭を静かに眺める時間は、自分自身を見つめなおすひととき。
スパ「ARANYA」
3. スパ「ARANYA」
森の中に立つSPA棟で、自然を感じながら至高のトリートメントを。アメリカのスパブランド「SUNDÃRI(スンダリ)」のアーユルヴェーダに基づく施術で緊張をゆるめて。
ヒーリングストーンルーム
5. ヒーリングストーンルーム
服を着たまま、ほんわか温かいカウチに寝転んで。自然治癒力を高める鉱石を使用したカウチが4台並ぶ、岩盤浴スパ・ルーム。雲に抱かれるような心地よさを体験。
喫煙ラウンジ
6. 喫煙ラウンジ
館内での喫煙は、テラスかヒーリングストーンルーム横の喫煙ラウンジで。リニューアルしたばかりの特別室で紫煙をくゆらす。香り豊かなシガーも試してみたい。
貸切風呂「月の宮」
4. 貸切風呂「月の宮」
神話を伝える聖なる水、「天の岩戸」(恵利原の水穴)のように湧き出る湯。浴槽に浸かりながら視線を上へ挙げると、森と空が一体に。神秘的な湯浴みを体験。
貸切風呂「くゆりのびり」
7. 貸切風呂「くゆりのびり」
和の意匠、空気に包まれる貸切風呂で、庭園を眺めながらのんびりと。くゆり=薫りは、かぐわしい香りが立ち込めるさまをいう古語。艶やかな香気に酔いしれるもよし。
貸切風呂「天の鏡」
8. 貸切風呂「天の鏡」
貸切露天風呂「天の鏡」の湯船は、志摩の空を映す水鏡。100㎡の広さを存分に使って、空を眺め、海を嗅ぎ、風に触れる入浴。自然をまるごと五感で感じて。
ダイニング「さかなへん」
9. ダイニング「さかなへん」
ライトアップされた中庭を眺めながら、「ばさら創作膳」をいただく夕べ。清々しい光に輝く朝は、緑も鮮やかに。身体を気づかうヘルシー朝食で活力満ちる。
漠の庭
1. 漠の庭
「海里のはなれ」へと続く小道の脇にある庭は、見るものを静かに幽玄の世界へといざなう漠の庭。時に応じて変化する庭の姿を、どのように捉えるかは人それぞれ。
無名庭
10. 無名庭
ダイニングから眺める、無名庭(むみょうてい)は、敷地のほぼ真ん中にある。名前にしばられない、という思いが込められた中庭は散策の規則はもちろんない。
風の桟敷
11. 風の桟敷
夜はキャンドルのほの明かりでライトアップされるテラス。ソファーに身をあずけて、志摩の海と木々の香りを運ぶ風を感じながら、自然の鼓動に耳をすませる。